短編集「女たちは二度遊ぶ」の最初の小説です。

本当になんにもしない女だった。炊事、洗濯、掃除はおろか、こちらが注意しないと三日も風呂に入らないほどだった。
女は名前をユカといった。尋ねる日によって、
「結ぶに花と書いてユカ」だとか、
「理由の由に、香るって書くのよ」などと言った。

で、どれが本当なんだよ?」と訊くと、
「カタカナでユカが本当」と答える日と、
「ひらがなでゆか」と答える日があって、
統計的に「カタカナのユカ」と答えたときは、彼女の機嫌が悪い日だった。

主人公は飲み会で始めて知りあったユカという女性を、自分の部屋へ泊めてしまいます。

彼女は、本当になにもしない女でした。

昼からバイトに行って、夜の2時に帰ってきたとき
「なんか食ったのか?」
「・・・何もだべてない」
「なんで?」
「なんでって・・・、あんたが帰ってくるの待ってたんだもん」

こんな調子です。


主人公はためしてみたくなります。自分が部屋へ帰らないでも、彼女は待っているかどうかをです。


僕は、読んでいてハラハラしました。

本気でユカのことを心配しているのです。

吉田修一は、映画化もされた「悪人」が有名ですが、どうやら女性を魅力的に見せるのがうまいようです。